夫の浮気

夫が浮気しているところを奥様がつかまえて惨憺たる状態になるのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害・殺人まで起きるというシナリオもよくありますね。

情事の現場へ乗り込むのも方法としてアリです。

離婚まで覚悟しているならば、問題ないかもしれません。

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。

その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。

養育費(育てていない方の親に支払いを請求することができる子供を養育するための費用です)を請求できたところで貰える額は少ないですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、一人で育てていくのは容易ではありません。

同様に、父親が一人で育てる場合もシゴトと両立しながらうまくやっていくのは難しいでしょう。

探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠を掴む事が可能です。

相手がおかしいと思った時、自分で証拠を集めようとするでしょう。

ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を手に入れるとなると、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性が高いです。

はっきり言ってその所以は、あなたの顔が相手に知られているからです。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、家庭内で別居している状態であったり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事ができません。

慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど全体的にみて裁判所が慰謝料を決めます。

興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。

両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、似たようなシゴトをしています。

とはいっても、違いがあるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人むけのようです。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度という事もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は低いです。

それに、不倫した相手が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。

どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。

GPS装置を用い、毎週のように行っている所を検索して、その近所をウロウロしていれば、パートナーが現れるはずですから、浮気の証拠をつかむ事が出来ると思われます。

懐具合が心もとないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、ひとつの方法ではあります。

ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまうおそれもあります。

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均で3~4日かかるといわれています。

しかしこれはあくまでも一般的な期間です。

パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあるのです。

逆に、怪しい日がもう分かっているなら、調査期間は1日で済むこともあります。

探偵の浮気調査を例に挙げても時には失敗することもあります。

探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗しない保証が少なからずあります。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠入手が困難です。

不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。

離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談しましょう。

それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。

相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、近所の噂のタネになりたくない時は、どんなことがあっても止めましょう。

車の目立たない場所にGPS端末を装着して、行動を常時監視しつづけ、今いる場所をモニターしたり、時間のある時に、データを取り出して調べたりします。

移動手段に、車を使わない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

これで相手がどこをどう移動して、そこにどのくらいいたのかもわかります。

今までと違った格好をするようになったら、浮気のおそれがあります。

浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。

ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選んで着るようになりだしたら、すさまじく怪しい臭いがします。

その時、お洒落な下着をはくようになってきたら、浮気の可能性があります。

探偵をバイトでしている人のいるようなことがありえます。

アルバイト、探偵で検索すれば、なんと求人の情報があるのです。

これからわかることは、バイトをはたらかせている探偵事務所もいくつもあります。

浮気について調べるように言うときには、個人情報を教える必要があります。

でも、バイトだと正社員と違ってずっとつづけているという保証はないですし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。

探偵のシゴトは依頼された調査をおこなえばいいと言う事ではありません。

浮気の実態を調査し始めると、何かしらのトラブルが起こるものです。

そういう時に、一番に依頼人の事を何よりも先に気にしてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。

探偵を信頼してもいいか判断するには、相談する時の様子などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。

離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉める元なので、止めておきましょう。

あなたが信頼する人とともに行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。

信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。

浮気という証拠はカーナビで持つかめるでしょう。

カーナビから履歴を確かめ、浮気相手と車でデートしたところを見つけられることがあります。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意する必要があります。

それに加えて、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、デートを車でしていることがあります。

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠を把握することも出来るはずです。

まず、普段は利用しないようなコンビニエンスストアのレシートをしばしば見かけることが多くなったら、いつもその近くに赴いている事になります。

そこで見張っていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。

日常生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは他人に頼まなくてもできますが、浮気を認めざるを得ないような証拠を掴む場合には、豊富な経験を持つプロである探偵におねがいした方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

そして、探偵をおねがいした場合は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。

豊富な経験に裏付けされたアドバイスを貰える、という付加価値もあるのです。

探偵の場合には、不審に思われることを避けるようきめ細かく配慮しながら粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、興信所から来たことを明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。

すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると見てよ指そうです。

浮気を調査を依頼する時には、支払う料金が低過ぎたり、 高料金に設定されている事務所ではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所がお勧めです。

また、探偵業の許可を取得しているのかお調べください。

違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。

広島 信頼できる 興信所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です